地理4-1 日本の位置と領域 解説

1.日本列島の構成

日本列島は、4つの大きな島のほか、大小さまざまな島から構成されています。4つの大きな島とは、[北海道]、[本州]、[四国]、[九州]のことです。

 

 

2.領域の構成

領域とは、その国の主権がおよぶ範囲のことです。領域を構成する陸地の部分を[領土]、その沿岸から[12海里](約22km)の海の部分を[領海]、さらに、それら2つの領域の上空部分の大気圏内

を[領空]といいます。

 

また、領海より外側で、沿岸から[200海里](約370km)の海域を[経済水域排他的経済水域)]といいます。この海域では、沿岸国が魚介類などの水産資源や、石油・天然ガスなどの鉱産資源を管理・利用する権利を有しています。

日本は離島が多いため、(排他的)経済水域は国土面積の10倍以上にもなります。

 

 

なお、(排他的)経済水域のさらに外側の海域は[公海]とよばれ、どの国の船であっても、自由に通行したり魚をとったりすることができます。

 

 

3.日本の端

日本の領土はどこまで広がっているのでしょうか。領土の東西南北の端を確認します。

 

日本で最も北に位置するのは、[択捉島]です。北海道に属します。

最南端、最も南に位置するのは、[沖ノ鳥島]で、東京都になります。

最東端は[南鳥島]で、こちらも東京都に属しています。

最西端の島は沖縄県の[与那国島]です。

 

このなかでも、沖ノ鳥島は、水没の危険があるため、数百億円をかけて護岸工事を行い、水没を防いでいます。そのような工事を行った理由は、沖ノ鳥島が水没してしまうと、日本は広大な(排他的)経済水域を失ってしまうからです。

経済水域は、沿岸から200海里(約370km)です。この広大な経済水域を維持するための工事です。

 

 

4.北方領土

北方領土]とは、日本固有の領土でありながら、第二次世界大戦後にソ連によって占領され、現在は[ロシア]が占拠している地域です。日本は[ロシア]に返還を求めていますが、実現していません。

 

北方領土は、3つの島と1つの群島、全部で4つの地名で構成されています。

このうち、北海道の本土に近く、2番目に面積が大きいのが[国後島]です。そして、面積が最大の島が[択捉島]です。日本の最北端の島でもありますね。残り2つが、[歯舞群島]、[色丹島]です。

読み方は、順番に「くなしり」「えとろふ」「はぼまい」「しこたん」です。

 

 

登場する地図は、全て http://www.craftmap.box-i.net/ のものを利用しました。