人物歴史7 江戸時代② 解説

1.幕政の改革と幕府の動揺

 

1716年、8代将軍に就任した[徳川吉宗]は、約30年にわたって将軍をつとめ、その間、享保の改革とよばれる政治を進めました。財政難に対応するため、新田開発のほか、武士には質素・倹約をすすめ、上げ米の制を定めて大名から1万石につき100石の米を幕府に納めさせました。また、庶民の意見を聞くために目安箱を設置し、裁判の基準となる法律として公事方御定書を制定しました。享保の改革の結果、幕府の財政は一時的に立ち直りました。

 

10代将軍の頃に政治の実権をにぎったのが、老中の[田沼意次]でした。[田沼意次]は商工業者が株仲間を結成することを積極的にすすめ、商人の力で幕府財政を立て直そうとしました。しかし、天明のききんが全国に広がると、各地で百姓一揆や打ちこわしが発生しました。結局、[田沼意次]は老中を辞めさせられました。

 

 

田沼意次の後、老中の[松平定信]が、祖父の徳川吉宗の政治を理想として、寛政の改革を始めました。倹約令を出し、旗本や御家人の借金を帳消しにしたほか、朱子学以外の学問を教えることを禁じるなどしました。しかし、きびしい政治改革に人々は不満を強め、改革は6年ほどで終わりました。

 

1830年代は、天保のききんが全国に広がり、多くの餓死者が出ました。百姓一揆や打ちこわしも多く起こりましたが、幕府は十分な対応ができませんでした。

幕府の元役人であった[大塩平八郎]は、1837年にききんで苦しむ人を救うために乱を起こしましたが、1日でしずめられました。

 

1841年、老中の[水野忠邦]が天保の改革を始めました。物価の上昇をおさえるため、株仲間の解散を命じました。また、江戸や大阪周辺の農村を幕領にする命令を出しましたが、大名や旗本などの反対によって実現できませんでした。改革はわずか2年あまりで失敗に終わりました。

 

 

2.新しい学問と化政文化

18世紀後半、[本居宣長]は「古事記伝」を書き、国学という新しい学問を大成しました。

杉田玄白]はヨーロッパの人体解剖書を翻訳して「解体新書」を出版し、オランダ語を通してヨーロッパの学問や文化を研究する蘭学の基礎を築きました。

 

19世紀初めになると、[伊能忠敬]が西洋の測量術を用いて全国を歩き、正確な日本地図を作成しました。

 

絵画でも、すぐれた人物が多くの作品を残しました。[喜多川歌麿]は美人画で活躍しました。また、[葛飾北斎]は「富嶽三十六景」、[歌川安藤広重]は「東海道五十三次」とよばれる絵画のシリーズを描いています。

 

文学では、[十返舎一九]の「東海道中膝栗毛」が人々の人気を集めました。俳諧では、[小林一茶]などが活躍しました。

 

18世紀後半になると、外国船が日本に来航するようになりました。幕府の命令を受けた[間宮林蔵]は、19世紀初めに北方を探検し、樺太が島であることを確認しました。