人物歴史7 江戸時代② まとめ

1.幕政の改革と幕府の動揺

①[徳川吉宗

・8代将軍(1716~1745年)

・享保の改革を行う

・新田開発

・武士に質素・倹約をすすめる

上げ米の制:大名から1万石につき100石の米を幕府に納めさせた

目安箱を設置:人々の意見を聞くため

公事方御定書:裁判の基準となる法律

・結果:幕府の財政は一時的に立ち直る

 

②[田沼意次

・老中。田沼の政治

株仲間を奨励

・天明のききん →各地で百姓一揆や打ちこわし

・老中を辞めさせられる

 

③[松平定信

・老中。徳川吉宗の孫

寛政の改革を行う(1787~1793年)

・倹約令

・旗本や御家人の借金を帳消しにした

・朱子学以外の学問を教えることを禁止

・結果:きびしい政治改革に不満。6年ほど終了

 

④[大塩平八郎

・元大阪町奉行所の役人

・1837年、大塩の乱を起こす:天保のききんで苦しむ人々を救うため

 

⑤[水野忠邦

・老中として天保の改革を行う(1841~1843年)

株仲間の解散を命じる:物価の上昇をおさえるため

・江戸や大阪周辺の農村を幕領にする命令 →失敗

・結果:改革は2年あまりで失敗に終わった

 

 

 

2.新しい学問と化政文化

①[本居宣長

・「古事記伝」を著す

国学を大成

 

②[杉田玄白

・1774年、「解体新書」を出版

蘭学の基礎を築く

 

③[伊能忠敬

・西洋の測量術を用いて正確な日本地図を作成

 

④[喜多川歌麿

・美人画

 

⑤[葛飾北斎

・「富嶽三十六景」

 

⑥[歌川安藤広重

・「東海道五十三次」

 

⑦[十返舎一九

・「東海道中膝栗毛

 

⑧[小林一茶

・俳諧(俳句)

 

 

⑨[間宮林蔵

・19世紀初めに北方を探検、樺太が島であることを確認