· 

人物歴史6 江戸時代① 解説

1.江戸時代の始まり~江戸時代前期

1600年、関ヶ原の戦いが起こりました。[徳川家康]を中心とする東軍が、[石田三成]らの西軍に勝利しました。

徳川家康]は1603年に征夷大将軍に任命され、江戸幕府を開きました。江戸時代は1867年まで、260年余り続きました。

 

江戸幕府の3代将軍となったのが、徳川家康の孫の[徳川家光]でした。参勤交代を制度化したほか、ポルトガル船の来航を禁止して鎖国体制を完成させました。

 

17世紀後半、5代目の将軍となったのは[徳川綱吉]でした。生類憐みの令という、極端な動物愛護令を出し、人々は大いに迷惑しました。

 

18世紀の初めには、儒学者の[新井白石]が、6・7代将軍のもとで政治を行いました。彼は貿易額の制限などを行いました。

 

2.元禄文化

5代将軍の時期に栄えた、上方(京都や大阪の地域)を中心とする町人文化を元禄文化といいます。

俳諧で活躍した[松尾芭蕉]は、全国を歩いて「奥の細道」を完成させました。

近松門左衛門]は、人形浄瑠璃の台本を書いて、人々の人気を集めました。

絵画では、[菱川師宣]が「見返し美人図」などの作品を残しています。