人物歴史4 鎌倉時代、建武の新政 まとめ

1.鎌倉時代

①[源頼朝

・1185年、弟の源義経の活躍で、平氏をほろぼす

鎌倉幕府を開いた

・1192年、征夷大将軍になった

 

②[後鳥羽上皇

・「新古今和歌集」の編さんを命じる

・1221年、承久の乱を起こす

 

③[北条政子

・源頼朝の妻

・1221年の承久の乱では、演説をして御家人の結束を呼びかける

 

④[北条泰時

・3代目の執権

・1232年、御成敗式目(貞永式目)を制定。武士の法律

 

⑤[藤原定家

・「新古今和歌集」を編さん

 

⑥[鴨長明

・「方丈記」を書く

 

⑦[兼好法師

・「徒然草」を書く

 

⑧[法然

浄土宗を開く

・念仏「南無阿弥陀仏」

 

⑨[親鸞

浄土真宗を開く

・念仏を唱えるのは浄土宗と同じ

 

⑩[一遍

時宗を開く

・踊念仏(おどり念仏)

 

⑪[日蓮

日蓮宗法華宗)を開く

・題目「南無妙法蓮華経」

 

⑫[栄西

・禅宗の臨済宗を伝える

・幕府など権力者の保護を受ける

 

⑬[道元

・禅宗の曹洞宗を伝える

・ひたすら座禅する

 

⑭[フビライ・ハン

・国号を元とする

・日本に服属を要求するが拒否される

・2度にわたり日本に大軍を送って攻める(元寇

 

⑮[北条時宗

・鎌倉幕府8代目の執権

元寇(1274・1281年)のときの執権

 

 

2.建武の新政

後醍醐天皇

・御家人などの協力を得て、1333年、鎌倉幕府をほろぼす

建武の新政を始めるが数年で失敗