人物歴史2 奈良時代・平安時代(10世紀まで) 解説

1.奈良時代

奈良時代は、奈良の平城京に都が移された710年から、京都の平安京に都が移される794年までの80年余りです。

奈良時代の人物としては、2人覚えておきましょう。

 

8世紀の半ばの天皇、[聖武天皇]は、墾田永年私財法を出して、自分で開墾した土地の永久私有を認めるなどしました。

 

聖武天皇]の時代に栄えた文化を天平文化といいます。天皇は、都(奈良)に東大寺を建立して大仏を造立、国ごとに国分寺・国分尼寺を建てさせました。この目的は、仏教の力で国家を守るため、でしたね。

天平文化で覚えるべき人物に、[鑑真]がいます。唐から来日した僧で、何度も航海に失敗して失明しながらも来日しました。奈良に唐招提寺を建立しています。

 

 

2.平安時代

平安時代は、平安京に都が移された794年から、鎌倉幕府が開かれるまで、約400年間も続きました。

約100年ごとに4つの時期に区切りながら、政治と文化でそれぞれの主要人物を確認していきます。

 

①8世紀末~9世紀(794~900年)

平安京に都を移したときの天皇は[桓武天皇]です。[桓武天皇]は、朝廷に従わない東北地方の蝦夷(えみし)とよばれる人たちを平定するために、[坂上田村麻呂]を征夷大将軍に任命して派遣しました。[坂上田村麻呂]は蝦夷の族長であった[アテルイ(阿弖流為)]を降伏させることに成功しました。

 

平安時代初期の文化では、新しい仏教の宗派を伝えた人物が2人登場します。

最澄]は、天台宗を伝え、比叡山に延暦寺を建立しました。

空海]は、真言宗を伝え、高野山に金剛峯寺を建立しました。

2人とも、遣唐使として唐に渡り、帰国後に新しい仏教を広めました。いずれも、805~806年といった、

 

遣唐使の廃止を提案したのは、[菅原道真]でした。894年のことです。これにより、630年から続いていた遣唐使が廃止となりました。

 

 

②10世紀(901~1000年)

10世紀は、律令制が大きくくずれた時期でもありました。武士による反乱が起きています。関東地方で反乱を起こしたのが[平将門]、西日本、瀬戸内海周辺で反乱を起こしたのが[藤原純友]です。

この2つの反乱は、どちらも同じ武士によってしずめられました。この頃から、朝廷は武士に頼るようになり、武士の発言力も強くなっていきます。

 

文化では、[紀貫之]が「古今和歌集」を編さんしました(国風文化)。