地理1-4 時差の計算 解説

1.知っておくこと

高校入試では、時差に関する計算問題が出題されます。基本的な問題から応用的な問題まで、都道府県や年度によってさまざまですが、ここでは、前提として最低限知っておくべきことを紹介しておきます。

 

①日本の標準時

時差の計算問題では、日本の標準時を知らないと解けない(そもそも計算ができない)問題が大部分です。日本の標準時は、兵庫県明石市を通る東経135]度の経線であることは覚えておきましょう。

 

日本の国土は、東経122度から154度の間に位置しますが、どの都道府県・市町村であろうと、日本国内であれば、全てこの[東経135]度で日本時間が導かれますので、注意しましょう。

 

 

②時差の生じ方

経度[15]度で1時間の時差が生じます

 

360÷24=[15がその根拠です。(地球1周は経度でいうと360度。時間は24時間)

 

 

③時計の動かし方

東へ進む場合は、時計を進めます。西へ進む場合は、時計を遅らせます。

太陽は東の方角から昇るので、東の地域が早く朝を迎えます。日本は世界の中でも1月1日(新年)を早く迎えます。これは日本が世界の中でも東側に位置しているからです。

より正確には、日付変更線のすぐ西側が、一番早く新しい朝や新年を迎えることになります。日本は、日付変更線に近いですね。

 

 

2.時差の求め方

2地点間の時差を求める場合の公式は、「2地点間の経度差」÷15=「時差」となります。

 

※「2地点間の経度差」の求め方

東経どうし、西経どうしの経度差は引き算で求められます。東経と西経の経度差は足し算で求められます。

 

なお、ミスのもとになるので、日付変更線(ほぼ経度180度)をまたいで経度差を求めてはいけません。

 

 

3.例題

次の時差を求めなさい。計算手順は「経度差を求めてから、15で割って時差を求める」です。

 

①東経90度と東経15度の経度差と時差

・経度差:90-15=[75]度

・時差:[75]÷15=[5]時間

 

②西経120度と西経30度の経度差と時差

・経度差:120-30=[90]度

・時差:[90]÷15=[6]時間

 

③日本と東経30度の経度差と時差

・経度差:[135]-30=[105]度

・時差:[105]÷15=[7]時間

 

④東経30度と西経90度の経度差

・経度差:30+90=[120]度

・時差:[120]÷15=[8]時間

 

⑤日本と西経120度の経度差

・経度差:[135]+120=[255]度

・時差:[255]÷15=[17]時間

 

 

実際の問題では、以上のようにして計算した時差の時間分だけ、時計を進めたり遅らせたりして、外国の現地時間や日本時間を求める、という出題が大部分です。

 

時差の計算は、実際に練習して慣れておく必要があります。