公民5-4 地球環境問題 解説

1.地球環境問題

現在の地球は、さまざまな環境問題を抱えています。

過剰な放牧や森林伐採が原因となって発生する[砂漠化さばく化)]、

特にヨーロッパ北部などに大きな被害をもたらしている[酸性雨]は、自動車の排気ガスや工場のばい煙が原因です。

有害な紫外線から生き物を保護する[オゾン層]は、[フロンガス]が原因で破壊が進みました。近年は改善をみせています。

 

このほか、特に重要な環境問題として、[地球温暖化]があります。これは、[二酸化炭素CO2)]などの温室効果ガスが原因です。[地球温暖化]が進むと、干ばつや洪水などの異常気象が世界各地で発生しやすくなるほか、海抜の低いキリバスやツバルなどの島国が水没する危険もあります。 

 

 

2.環境問題への国際的な協力

1992年、ブラジルリオデジャネイロで[国連環境開発会議地球サミット)]が開催されました。この会議では、地球環境の保全と持続可能]な開発の実現のための取り組みについて議論され、[持続可能]な社会の実現をめざすことなどが示されました。

 

その5年後の1997年、には、日本で地球温暖化防止[京都]会議が開かれ、[京都議定書]が採択されました。これは、温室効果ガスの排出削減を先進工業国に義務付けたもので、2005年に発効しました。しかし、当時世界最大の温室効果ガス排出国であった[アメリカ]が離脱したほか、世界有数の大規模な排出国であった[中国]やインドは、発展途上国扱いのため削減義務がないなど、いくつもの問題点もあります。

なお、現在の世界の二酸化炭素排出割合は、1位が中国、2位がアメリカとなっています。