公民5-2① 国際連合1 解説


1.国際連合

2度の世界大戦の反省をふまえて、1945年に成立した国際機関が国際連合です。本部はアメリカニューヨークにおかれ、世界の安全と平和の維持を最大の目的としています。


2.国際連合の主要機関

総会

国際連合の中心的な機関であり、全ての加盟国から構成されるのが総会です。年1回、定期的に開かれ、様々な問題が話し合われます。決議においては、全ての国が平等に1票をもっています。これを、主権平等の原則といいます。

 

経済社会理事会

経済問題や社会問題についての研究や勧告を行う機関です。

 

国際司法裁判所

国際法にもとづいて裁判を行い、国家間の争いを解決するための機関です。

 

安全保障理事会(安保理)

世界の平和と安全の維持を目的とするための機関です。5か国常任理事国と、10か国で任期2年の非常任理事国で構成されています。

 

5か国の常任理事国とは、アメリカロシアイギリスフランス中国で、これらの国は拒否権を有しています。拒否権とは、常任理事国のうち1国でも反対すると採択ができない権限です。

 

なお、日本非常任理事国に数多く選出されています。日本はドイツインドブラジルとともに、常任理事国入りをめざしていますが、実現していません。

 

事務局

国際連合の主要機関としては、ほかに事務局があります。


必修公民 5章各ページリンク(タップで開きます)
●5-1① 国際社会
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●5-1② 日本の領土
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●5-2① 国際連合①
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-2② 国際連合②
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●5-3 地域主義
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●5-4 地球環境問題
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-5 経済格差の拡大と国際的な援助
解説講座  ・まとめ  ・一問一答