公民4-9① 社会保障制度① 解説

1.[社会保障]制度

日本国憲法第25条には、[生存権]が規定されています。この人権を具体的に保障するために整備されているのが、[社会保障]制度です。日本では、[社会保険公的扶助社会福祉公衆衛生]を4つの柱として整備されています。

 

①[社会保険

社会保険]とは、保険加入者があらかじめ保険料を納入し、病気や高齢になったときに、現金の支給やサービスの提供を受けることができるというものです。

社会保険]には、医療保険、年金保険、雇用保険、労災保険、[介護保険(制度)]の5つがあります。このうち、[介護保険(制度)]は、2000年から導入されたもので、[40]歳以上の人が加入して保険料を支払い、介護が必要になったときに介護サービスを受けられるというものです。

社会保険に分類される5つは、いずれも「○○保険」という名称であることをおさえておけば、覚えるのが楽になります。

 

②[公的扶助

公的扶助]とは、経済的に生活が困難な人に生活費や教育費などを支給するというものです。生活保護法によって具体的に整備されています。

 

③[社会福祉

社会福祉]とは、社会的に弱い立場にあり自立が困難な人たちの生活を保障し、福祉を向上させるための制度です。

社会福祉には、老人福祉、障がい者福祉、児童福祉などがあります。いずれも「○○福祉」という名称です。

 

④[公衆衛生

公衆衛生]とは、国民の健康の維持・増進のために、感染症の予防や生活環境の整備を行うというものです。感染症対策の予防接種、上下水道の整備、廃棄物の処理、公害対策などを行っています。