· 

公民4-7① 財政 解説

1.[財政

政府の経済活動のことを[財政]といいます。収入である[歳入]と、支出である[歳出]で構成されていて、近年は毎年約90~100兆円の規模になっています。

 

歳入を見てみると、所得税、法人税、消費税などの租税・印紙収入が全体の約45~50%で、国の借金である公債金も約45~50%となっています。日本は歳入の多くの部分を借金に頼る状態が続いています。

 

歳出では、[社会保障関係費]が約30%で最も多くなっていて、高齢化の進展で負担が増大し続けています。次に、借金の返済にあてられる[国債費]が約25%、これも大きな割合を占めています。地方への補助金である[地方交付税交付金]は約18%です。このほか、公共事業関係費、文教・科学振興費、防衛関係費などの項目があります。

 

国においても地方公共団体においても、税収だけでは予算が不足する場合、公債とよばれる債券を発行して不足分をおぎないます。国が発行する公債が[国債]、地方公共団体が発行する公債が[地方債]です。