· 

公民3-10 地方自治2 まとめ

1.[直接請求権

・住民の権利の1つ。有権者の署名を集めることで、さまざまな請求ができる

 

①[条例]の制定・改廃の請求

・必要な署名:有権者の[50分の1]以上

・提出先:[首長

・請求後:議会を招集し、結果を報告

 

監査請求

・必要な署名:有権者の[50分の1]以上

・提出先:監査委員

・請求後:監査を実施し、その結果を公表

 

③議会の[解散]請求

④議員・首長の[解職]請求([リコール])

・必要な署名:有権者の[3分の1]以上

・提出先:[選挙管理委員会

・請求後:[住民投票]を行い、[過半数]の賛成があれば、解散・解職

 

2.地方財政

地方公共団体の収入(歳入)のうちわけ

①[地方税

・その地方の住民が納める税。自主財源として、自由に徴収して使える。全体の約40%

 

②[地方債

・歳入不足を補う借金

 

③[地方交付税交付金

・税収入の地域間格差を是正するための国からの補助金。使い道は自由

 

④[国庫支出金

・義務教育や道路整備など特定の仕事のために国から支給される。使い道は国が指定

 

3.地方自治に関するその他の用語

①[市町村合併

・複数の市町村が1つにまとまること

 

※合併の目的・理由

 …地方公共団体の仕事の効率化や、財政の安定化・財政難の解消のため

 

②[住民投票

・市町村合併や産業廃棄物処理場の建設など、重要な問題について、住民の賛成・反対の意思を確かめるために行われることがある。法的拘束力はない

 

③[オンブズパーソン制度オンブズマン制度)]

・市民の代表者が住民からの苦情を受け付け、行政の監視や改善要求をする制度

 

④[NPO非営利組織)]

・利益を目的とせず、地域のの課題などに取り組む団体