公民2-7 国民の義務と公共の福祉 まとめ

1.国民の(三大)義務

①子どもに普通教育を受けさせる義務

勤労の義務

納税の義務

教育勤労は、権利であり義務でもある


2.公共の福祉

社会に共通する利益のこと

→社会生活を送るうえで制約を受けることがある

 

※制約を受ける権利の例

表現の自由が制約される例

・他人の名誉を傷つける行為は禁止

・この場合は、プライバシーの権利と対立

 

職業選択の自由が制約される例

・医者など、資格がなければつけない職業がある


必修公民 2章各ページリンク(タップで開きます)
●2-1 日本国憲法
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●2-2 人権1(平等権)
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●2-3 人権2(自由権)
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●2-4 人権3(社会権)
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●2-5 人権4(参政権、請求権)
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●2-6 人権5(新しい人権)
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●2-7 国民の義務と公共の福祉
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●2-8 人権保障の国際化
解説講座  ・まとめ  ・一問一答