歴史8-4 世界史4 革命の時代 解説

1.17~18世紀の欧米の動き

17~18世紀のヨーロッパでは、絶大な権力をもった国王の意思決定によってものごとが決められる政治が行なわれていました。このような政治を[絶対王政]といい、やがて革命によってたおされていきました。

 

①イギリス

イギリス]では、クロムウェルを指導者として1642年にピューリタン革命がおこり、国王が処刑されました。さらに1688年には、国王を追放する[名誉革命]がおこりました。国王を処刑せず血が流れることがなかったため、このようによばれています。

翌1689年、[権利(の)章典]が発布され、国王は議会の同意がなければ新しい課税や法律の変更ができないことや、国王も法に従うことなどが規定されました。

 

 

②アメリカ

イギリスの植民地であったアメリカでは、東部の13州の人々が独立を求めて立ち上がり、1775年に[(アメリカ)独立戦争]が始まりました。

翌1776年には[(アメリカ)独立宣言]が発表され、初代大統領にワシントンが就任しました。

 

 

③フランス

フランスでは、[聖職者]と[貴族]は免税の特権をもち、[平民]だけが税を負担するという状態が続いていました。そんななか、1789年に[フランス革命]が始まり、[人権宣言]が出されました。

フランスではその後、[ナポレオン]が1804年に皇帝になりました。

 

 

2.[産業革命

18世紀の終わりごろから、[イギリス]では[蒸気機関]で動く機械

が使われるようになり、安い工業製品が大量に生産され、世界に輸出されるようになりました。その結果、19世紀のイギリスは「世界の工場」とよばれました。

 

イギリス]で始まった、機械生産など技術の向上によって経済や社会のしくみが大きく変わったことを[産業革命]といいます。