歴史7-5 日本の経済発展 解説

1.[高度経済成長

1950年代半ばから1970年代前半までの日本は20年近くにわたって、年平均10%程度の経済成長をつづけました。これを[高度経済成長]といいます。

 

1960年に成立した内閣は、[所得倍増]をスローガンにして経済成長をおし進めました。

 

この時期、家庭電化製品も普及しました。1950年代には、「三種の神器」とよばれた[白黒テレビ電気洗濯機電気冷蔵庫]が普及し、1960年代半ばごろからは、3Cとよばれた[カラーテレビ自動車クーラー]が普及していきました。

 

1964年には、東京・大阪間に[東海道新幹線]が開通したほか、アジアで初となる[東京オリンピック]が開かれました。

 

1968年、国民総生産(GNP)が資本主義国のなかでアメリカに次いで世界第2位となり、日本は経済大国となりました。

1970年には、大阪で万国博覧会が開催され、多くの外国人が日本を訪れました。

 

 

2.高度経済成長の終わり

1973年、[第四次中東戦争]をきっかけとして、原油価格が大幅に上昇しました。この[石油危機石油ショック)]の影響で、先進工業国は不況となりました。日本経済も打撃を受け、高度経済成長が終わりをつげました。

 

 

3.[公害]問題の深刻化

高度経済成長によって経済大国となった日本でしたが、大気汚染や水質汚濁などの深刻な[公害]問題も発生しました。

新潟水俣病、四日市ぜんそく、イタイイタイ病、水俣病の四大公害裁判では、いずれも原告の被害住民が勝訴しました。

 

国も、公害の深刻化への対応として、1967年に[公害対策基本法]を制定しました。1971年には、公害問題や環境保全などに取り組む行政機関として、[環境庁]が設置されました。

 

1993年には、公害対策基本法などをもとにして、[環境基本法]が制定されました。また、2001年、環境庁は環境省となりました。