歴史7-3 占領政策の転換と日本の独立回復 まとめ

1.朝鮮戦争の日本への影響

①朝鮮戦争:1950~53年

特需景気(朝鮮特需):日本は好景気となり経済復興が早まった

 

警察予備隊の設置:1950年

・1954年に自衛隊となる

 

 

2.日本の独立回復

サンフランシスコ平和条約

・1951年、吉田茂首相が48か国との間で調印

→翌年、日本は独立を回復

 

沖縄県小笠原諸島などは引き続きアメリカが統治

 

日米安全保障条約

吉田茂内閣がアメリカと調印

→占領終了後も日本に米軍基地が残る

※日米安全保障条約と同時に調印

 

日米安全保障条約の改定:1960年

安保闘争…はげしい反対運動がおこる

 

 

3.原水爆禁止運動

・1954年、第五福竜丸事件

原水爆禁止運動が広がる

→翌年、広島で第1回原水爆禁止世界大会