歴史5-7 憲法の制定と帝国議会 まとめ


1.憲法の制定

内閣制度の成立:1885年

伊藤博文が初代内閣総理大臣(首相)

 

大日本帝国憲法の発布

1889年2月11日

 

ⅰ.特徴

ドイツの憲法を参考に作成

理由:君主権が強いから

 

ⅱ.内容

天皇主権

・国民は臣民とよばれた

→臣民は法律の範囲内で、各種の自由が認められた

 

ⅲ.意義

・日本はアジアで最初の立憲制国家となった


2.議会の開設

帝国議会:二院制

ⅰ.貴族院

・皇族、華族、天皇が任命した議員など

 

ⅱ.衆議院

・一部の国民の選挙で選ばれる

 

③選挙権

衆議院議員の選挙権が与えられた人々は直接国税15円以上を納める満25歳以上の男子

※日本の総人口の約1.1%


必修歴史 5章各ページリンク(タップで開きます)
●5-1 開国
解説講座  ・まとめ  ・一問一答

●5-2 江戸幕府の滅亡
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-3 明治維新①
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-4 明治維新②
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-5 明治時代初期の外交
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-6 自由民権運動
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-7 憲法の制定と帝国議会
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-8 条約改正と日清戦争
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-9 日露戦争と東アジア
解説講座  ・まとめ
一問一答1  ・一問一答2

●5-10 日本の産業革命と国内の動き
解説講座  ・まとめ  ・一問一答