歴史5-5 明治時代初期の外交 まとめ

1.[岩倉使節団]の派遣

・期間:1871~1873年

 

①参加者

・全権大使:右大臣[岩倉具視

大久保利通木戸孝允ら政府の有力者

・7歳の女子留学生[津田梅子]も同行

 →帰国後、女子教育に力を注ぐ

 

②目的

・江戸幕府が結んだ[不平等条約]の改正交渉

・欧米の進んだ産業・経済・政治状況の視察

 

③結果

・日本の国力充実の必要性を痛感して帰国

 

 

2.中国・朝鮮との関係

①中国(清)

・1871年、[日清修好条規

 …清と対等な条約を結ぶ

 

②朝鮮

・1875年、江華島事件

 →1876年、[日朝修好条規]を結び、開国させる

※朝鮮にとって不平等な内容

 

 

3.国境と領土の画定

①[琉球処分

 …琉球を日本に組み込む政策

 ・1872年、琉球藩を設置

 ・1879年、琉球藩を廃止し[沖縄県]を設置

 

 

②北方の領土の画定

・1875年、[樺太・千島交換条約]

 …[樺太]をロシア領、[千島列島]のすべてを日本領とする