歴史5-10 日本の産業革命と国内の動き まとめ

1.日本の産業革命と公害問題

①日本の産業革命

ⅰ.軽工業の発展

・1880年代なかばから

 

ⅱ.重工業の発展

・1890年代なかばから

※日清戦争前後

 

ⅲ.官営八幡製鉄所の建設

下関条約で得た賠償金をもとに北九州に建設

→1901年、操業開始

※重工業の発展

 

 

足尾銅山鉱毒事件(栃木県)

※1900年前後に発生

・渡良瀬川が汚染、流域の住民に被害

→地元の衆議院議員田中正造が問題解決に尽力

 

 

3.日本の社会主義の動向

大逆事件:1910年

→社会主義者の幸徳秋水らが死刑に