· 

歴史4-7 江戸時代⑤ 幕政の改革 解説

1.[享保の改革

18世紀初めに江戸幕府の8代将軍に就任した[徳川吉宗]は、さまざまな問題に対応するために、改革政治を始めました。この改革を[享保の改革]といいます。

 

財政難に対応するため、武士に質素・倹約をすすめたほか、新田開発の推進と年貢率の引き上げを行い、年貢米を増やそうとしました。

また、大名に対しては、幕府に米を献上させる上げ米の制を実施し、そのかわりに参勤交代をゆるめました。

ほかにも、庶民の意見を聞いて政策に生かすために[目安箱]を設置しました。また、裁判の基準となる法律の[公事方御定書]を制定しました。

 

2.[田沼意次]の政治

18世紀後半には、老中の[田沼意次]が中心となって政治を行いました。

田沼意次]は[商人]の力を利用して幕府財政の再建をめざそうとしました。

そのために、[株仲間]の結成を奨励し、彼らに営業税を納めさせることにしました。

しかし、地位や特権を求めた人々によるわいろが横行し、政治が乱れたとして批判を受けました。

そんななか、天候不順や凶作を原因として[天明のききん]が発生し、農村では[百姓一揆]、都市部では[打ちこわし]が急増し、田沼意次は失脚しました。

 

3.[寛政の改革

田沼意次の後に出てきたのが老中の[松平定信]です。[松平定信]による改革を[寛政の改革]といいます。

財政難への対応として、倹約令を出しました。また、農村を復興するため、江戸に出かせぎに来ていた農民を農村へ帰らせるなどの政策をとりました。

 

借金に苦しむ旗本・御家人を救済するために、彼らの借金を帳消しにしました。

学問の統制として、武士には[朱子学]を学ぶことをすすめました。

さらに、出版物の統制も行われました。

 

しかし、きびしい政治改革に対して不満が高まり、結局、この改革は6年余りで失敗に終わりました。