歴史4-6 江戸時代④ 元禄時代 解説

1.5~7代将軍の時期の政治

1680年、徳川綱吉が江戸幕府の5代将軍になりました。綱吉は極端な動物愛護令である生類憐みの令(しょうるいあわれみのれい)を出し、犬などの動物を保護することを命じました。人々は大いに迷惑を受けました。この法令は綱吉の死によって廃止されました。

 

綱吉の死後、6・7代将軍の時期には儒学者の新井白石(あらいはくせき)が政治を担当しました。

 

 

2.江戸時代前期の文化

①17世紀前半

江戸時代初期には、「風神雷神図屏風」を描いた俵屋宗達(たわらやそうたつ)が活躍しました。

 

②17世紀後半:元禄文化

17世紀後半、5代将軍徳川綱吉のころに栄えた文化を元禄文化といいます。元禄文化は、京都大阪など上方を中心に栄えた町人文化です。

 

連歌をもとに成立したのが俳諧(はいかい)です。松尾芭蕉(まつおばしょう)が「おくの細道」などの作品を残しています。

 

人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)では、脚本家の近松門左衛門が活躍しました。

 

絵画では、町人の生活や文化を題材とした浮世絵が描かれました。菱川師宣(ひしかわもろのぶ)による見返り美人(図)などの作品が有名です。

 

演劇では歌舞伎(かぶき)が庶民の間で人気となりました。