歴史4-4 江戸時代② 鎖国政策 まとめ

1.鎖国政策

島原・天草一揆(島原の乱)

・1637年、九州でおこった

キリスト教徒らが団結して反乱

・指導者は天草四郎(益田時貞)

 

絵踏の強化

・キリスト教徒を見つけるため

 

③鎖国の完成

・1639年、ポルトガルの来航を禁止

・1641年、オランダ商館を長崎の出島に移す

※3代将軍徳川家光のときに鎖国が完成

 

鎖国とは

・キリスト教の禁止

・幕府が貿易を統制

・幕府が外交を独占

・貿易相手国はオランダ中国()のみ

 

オランダは世界のできごとを報告書にして幕府に提出

→幕府は海外情報を独占

 

 

2.鎖国下の対外関係

・4つの窓口

①長崎

中国()オランダのみと貿易

・オランダは長崎の出島でのみ貿易を許された

 

②対馬藩の宗氏

・朝鮮との外交・貿易を担当

・17世紀初め、朝鮮との国交を回復

→将軍の代がわりなどに通信使が江戸を訪れる

 

薩摩藩の島津氏

・17世紀初め、琉球王国を武力で征服し服属させる

 

松前藩の松前

アイヌ民族との交易を独占