· 

歴史3-7 室町時代④ 応仁の乱とさまざまな一揆 解説

1.[応仁の乱

1467]年、8代将軍[足利義政]のとき、将軍のあとつぎをめぐって有力な守護大名の間で争いが生じました。

やがて、大きな戦乱に発展しました。これを、[応仁の乱]といいます。

この戦乱によって京都は荒廃し、京都での戦いが終わった後も全国で戦乱が続きました。

こうして始まった戦乱の時代を[戦国時代]といいます。

下の身分の者が実力で上の身分の者に打ち勝つ、[下剋上]という風潮がみられるようになりました。

 

2.戦国大名の領国支配

この風潮のもと、守護大名をたおして実力で領国を治めるようになったのが[戦国大名]でした。

彼らは領国を支配するために、家臣や武士、農民などの行動を取りしまる[分国法]という独自の法律を定め、城を中心に家来や商工業者を呼び集めて[城下町]とよばれる町を形成するなど、幕府から自立した独自の勢力を築き上げていきました。

 

3.さまざまな一揆

室町時代にはさまざまな一揆が発生しました。

 

農民が一致団結し、さまざまな要求をかかげて武力で反抗する一揆を[土一揆]といいます。この一揆が借金の帳消しを求めて[徳政令]の発令を要求した場合、徳政一揆とよばれることもあります。

例としては、1428年に近畿地方一帯で起こった正長の[土一揆]があります。

この正長の土一揆では、

正長元年ヨリサキ者 カンヘ四カンカウニ ヲヰメアルヘカラス

と刻まれた碑文が残されています。

「ヲヰメ(負い目)」とは借金のことで、この碑文からは、一揆によって借金の一方的な破棄を宣言したことが読み取れます。

 

1485年には、現在の京都府で、山城(の)国一揆が起こりました。これは、守護大名の畠山氏の軍を追い出し、8年間にわたって自治を行ったというものです。

 

また、浄土真宗一向宗)の信仰で団結した武士や農民が起こした一揆もありました。これを[一向一揆]といい、1488年に現在の石川県で起きた加賀の[一向一揆]では、守護大名をたおして約100年間の自治が行われました。