· 

歴史3-3 鎌倉時代③ 蒙古襲来と幕府の滅亡 解説

1.蒙古襲来

13世紀の初め、モンゴル高原から現れたチンギス・ハンが、中央アジアを征服しました。

その孫の代には、ユーラシア大陸の大半を征服し、モンゴル帝国という大帝国を築きました。

チンギス・ハンの孫の1人が[フビライ・ハン]です。彼は中国を支配して、国号を[]としました。

フビライ・ハン]は、朝鮮半島の高麗を従えると、日本に対しても服属することを求めてきましたが、鎌倉幕府の8代執権[北条時宗]は、服属の要求を拒否しました。

 

すると、[]は、大軍を率いて1274年と1281年の2度にわたって日本をおそってきました。この戦いを[元寇]といいます。

1274年の戦い(文永の役)では、日本の御家人は、元の[集団戦法]や火薬を使った武器に苦戦しましたが、暴風雨の影響で元軍はすぐに引き上げました。

次の1281年の戦い(弘安の役)では、幕府が海岸に築かせた石塁(防塁)のため、元軍は上陸することすらできず、暴風雨により大損害を受け、引き上げました。

 

2.鎌倉幕府の衰退

元の襲来を退けた後、御家人の生活は苦しくなっていきました。

 

その理由としては、まず、元との戦いに対する恩賞が不十分であったことがあげられます。

外国との戦いであったため、新たな領地が得られず、十分な御恩が与えられなかったのです。

 

別の理由として、当時の御家人の領地は[分割相続]によって受け継がれていたため、御家人の領地が小さくなっていき、生活が苦しくなった点があげられます。

 

このような状況に対し、鎌倉幕府は生活の苦しくなった御家人を救うため、1297年に[徳政令永仁の徳政令)]を出して、[借金の帳消し]や、御家人が失った土地をただで取り戻させることにしました。

しかし、かえって経済が混乱し、御家人たちは幕府への不満を強めていきました。

 

また、このころになると、荘園領主に年貢を納めず、幕府にも従わない[悪党]とよばれる新興の武士などの集団が現れました。

 

3.鎌倉幕府の滅亡

幕府の弱体化を見た[後醍醐天皇]は、政治の実権を朝廷に取り戻そうとして、幕府をたおすことを計画しました。

これに有力御家人の[足利尊氏]らも協力し、1333年、鎌倉幕府は滅亡しました。