歴史3-2 鎌倉時代② 社会と文化 まとめ

1.鎌倉時代の産業

①農業

ⅰ.動物・道具の利用

牛馬(牛や馬)の使用して土をたがやす

鉄製農具を使用

 

ⅱ.肥料

草や木を焼いた灰を肥料として使う

 

ⅲ.二毛作

・同じ農地で1年に2種類の作物を収穫すること

※米の裏作としてを収穫

 

 

②商業

定期市()の出現:人が多く集まる寺社の門前や交通の要所などで定期的に開かれた

 

 

2.鎌倉文化

①建築

東大寺南大門

→門の左右には金剛力士像が置かれている

 

②文学

ⅰ.新古今和歌集

後鳥羽上皇の命令で、藤原定家らが編集

 

ⅱ.「平家物語

・源平の争乱や、平氏の繁栄と没落をえがいた軍記物

琵琶法師によって語り伝えられた

 

ⅲ.「方丈記

鴨長明が書いた随筆集

 

ⅳ.「徒然草

兼好法師(吉田兼好)が書いた随筆集

 

 

③鎌倉時代の新しい仏教

ⅰ.浄土宗

法然が開いた

・「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えればだれもが救われると説いた

 

ⅱ.浄土真宗(一向宗)

親鸞が開いた

悪人こそ救われると説いた

 

ⅲ.時宗

一遍が開いた

踊念仏による布教が特徴

 

ⅳ.日蓮宗(法華宗)

日蓮が開いた

・法華経の題目「南無妙法蓮華経」を唱えることを解いた

 

ⅴ.禅宗

座禅を行う。から伝わる

 

ⅴ-1.臨済宗

栄西が開いた

幕府の保護を受けて発展する

 

ⅴ-2.曹洞宗

道元が開いた

ひたすら座禅を行う