歴史3-1 鎌倉時代① 鎌倉時代前半の政治 解説

1.鎌倉幕府の成立

源頼朝は平氏との戦いを進める一方で、自分自身は鎌倉にいて政権の基盤を整えていきました。

源頼朝は1185年、国ごとに守護を、荘園・公領ごとに地頭を設置することを、朝廷から認められました。

守護は犯罪の取りしまりなどを行い、地頭は土地の管理や年貢の取り立てなどを行いました。

 

そして、1192年源頼朝征夷大将軍に任命されました。こうして、名実ともに鎌倉幕府が成立しました。

 

 

2.鎌倉幕府のしくみ

鎌倉幕府の中央(鎌倉)と地方の機関・役職を確認していきましょう。

 

①中央

まず鎌倉には、侍所政所問注所の3つが置かれました。

 

侍所(さむらいどころ)は、御家人の統率や、軍事・警察(犯罪の取りしまり)を担当しました。

政所(まんどころ)は、幕府の財政や一般の政務を担当しました。

問注所(もんちゅうじょ)は、裁判・訴訟を担当しました。

 

なお、将軍の補佐役としておかれたのが執権で、代々北条がこの役職につきました。

 

 

②地方

各地方には、国ごとに守護荘園・公領ごとに地頭が置かれました。

 

守護は御家人の統率、軍事や警察(犯罪の取りしまり)などを任務としました。鎌倉に置かれた侍所と重なりますね。

 

地頭土地の管理、年貢の取り立てを行いました。

 

 

守護・地頭のほか、京都には承久の乱の後に六波羅探題が設置されました。六波羅探題は朝廷の監視などを任務としました。

 

 

3.主従関係

鎌倉幕府の将軍と武士の関係を確認しましょう。

将軍と主従関係を結んだ武士のことを御家人といいます。そして将軍と御家人の関係は、御恩奉公で成り立っていました。

 

御恩とは、将軍から御家人に対して、御家人の功績に応じて新たな土地を与えるというものです。

 

奉公とは、御家人から将軍に対して、平時は幕府や京都の御所の警備のほか、戦時には「いざ鎌倉」を合言葉に戦いに参加するというものです。

 

 

3.鎌倉時代前半の政治の展開

①執権政治

源頼朝の死後、幕府の政治の実権は北条に移りました。

北条将軍の補佐役である執権という地位について、政治の実権をにぎりました。北条氏によるこのような政治を執権政治といいます。

 

②承久の乱

そんななか、3代将軍源実朝が殺害され、源氏の将軍がとだえると、朝廷で院政を行っていた後鳥羽上皇が、幕府を倒して政治の実権を朝廷に取りもどそうとして、兵をあげました。こうして1221年に始まった朝廷と幕府の戦いが、承久の乱です。

幕府側は、源頼朝の妻である北条政子のよびかけにより、御家人が団結して戦ったこともあり、この戦いは幕府の勝利に終わりました。

 

この戦いの後、幕府は京都六波羅探題を置き、朝廷を監視することにしました。

 

 

御成敗式目(貞永式目)

1232年には3代執権北条泰時が、武士のための法律である御成敗式目(貞永式目)を制定しました。

御成敗式目は、武家社会の慣習などにもとづいて、裁判を公平に行うために制定されました。