· 

歴史2-6 平安時代② 摂関政治と国風文化 解説

1.藤原氏の台頭

平安時代の中ごろから、藤原氏が政治の実権をにぎるようになりました。

藤原氏は、娘を[天皇のきさき]にし、生まれた子を次の[天皇]にすることで勢力をのばしていきました。

また、藤原氏は、天皇が幼いときには[摂政]、天皇が成長してからは[関白]という職について、政治の実権をにぎりました。このような政治を、[摂関政治]といいます。

 

藤原氏の全盛期は、11世紀前半に摂政になった[藤原道長]と、その子の[藤原頼通]のときでした。藤原氏は朝廷の高い地位をほとんど独占し、広大な荘園から多くの収入を得ていました。

 

2.平安時代の文化

遣唐使が廃止された後、平安時代の中ごろには、日本の風土や生活に合わせて生み出された文化がおこりました。これを[国風文化]といいます。藤原氏が政治の実権をにぎり摂関政治が行われた時代に最も栄えました。

 

貴族は[寝殿造]とよばれる様式の住居に住み、それまでの唐風の服装ではなく、日本風の服装を身につけるようになりました。

 

文字にも変化がありました。漢字をもとにして[仮名文字かな文字)]が成立しました。これにより、日本人独特の感情を表現しやすくなり、多くの文学作品がつくられました。

紀貫之]の書いた「土佐日記」、[紀貫之]らが編集した「[古今和歌集]」などがあります。

 

女性による文学作品も多く生まれました。小説では[紫式部]の「[源氏物語]」、随筆では[清少納言]の「[枕草子]」が有名です。

 

3.地方政治の乱れ

10世紀半ば以降になると、各地で反乱が起きるなど次第に社会が乱れ、人々の間に不安が広まりました。そのため、念仏を唱えて阿弥陀如来にすがり、死後に極楽浄土に生まれ変わることを願う[浄土信仰]が登場しました。

この信仰を背景にして、11世紀半ばには[藤原頼通]が京都府の宇治に[平等院鳳凰堂]を建てました。