歴史2-5 平安時代① 解説

1.平安時代の始まり

794年桓武天皇が現在の京都に都を移しました。この都が平安京です。

こうして、鎌倉幕府が開かれるまでの約400年間、平安時代が続きます。

 

2.蝦夷政策

天皇は坂上田村麻呂を征夷大将軍に任命し、東北地方に大軍を送りました。その目的は、朝廷に従わない蝦夷(えみし)を服属させるためでした。

坂上田村麻呂は、蝦夷の指導者であったアテルイ(阿弖流為)を降伏させることに成功しました。

 

3.新しい仏教

平安時代の初めには、仏教の新しい宗派が伝えられました。

 

最澄(さいちょう)は、滋賀県・京都府にまたがる比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)を建立し、天台宗を伝えました。

一方、空海は、和歌山県の高野山(こうやさん)金剛峯寺(こんごうぶじ)を建立し、真言宗を伝えました。

最澄空海の2人とも、遣唐使として唐に渡り、帰国後に新しい仏教を伝えたのでした。

 

 

4.外交

外交では894年菅原道真の提案によって、遣唐使の停止が決定されました。これにより、日本では国風文化が栄えるようになります。

 

 

5.地方のようす

①10世紀前半

関東地方で平将門が、西日本(瀬戸内海周辺)で藤原純友が、いずれも周辺の武士を率いて反乱を起こしました。

朝廷は、反乱を起こしたのと同じ武士の力を借りて、これらの反乱をしずめました。

 

②11世紀

東北地方で奥州藤原氏平泉中尊寺金色堂を建立するなど、独自の文化が栄えていました。平泉は現在の岩手県です。