歴史2-4 奈良時代の文化 まとめ

天平文化:奈良時代の文化

1.特徴

・8世紀半ば、聖武天皇の時代にもっとも栄えた文化

唐の文化や仏教の影響を受けた、国際色豊かな文化

 

遣唐使

・唐の文化や制度を学ぶために派遣。

→さまざまな文物を持ち帰った

 

2.聖武天皇の仏教政策

聖武天皇は、都に東大寺を建て、大仏をつくった

・国ごとに国分寺国分尼寺を建てた

→目的:仏教の力で国家を守るため

 

3.東大寺の正倉院

聖武天皇が使用した道具や楽器などが納められた

 

4.鑑真

の僧。何度も遭難し失明しながらも来日

→奈良に唐招提寺を建立

 

 

5.さまざまな書物

古事記日本書紀

・神話・記録・伝承などをもとにまとめた歴史書

(※の漢字に注意)

 

風土記

・地方の国ごとに、神話・伝承、自然・産物などをまとめさせた書物

 

万葉集

・現存する日本最古の歌集

防人の歌もおさめられている