カテゴリ:中学社会



中学地理:熱帯の特徴(しっかり解説)
1.熱帯 ①特徴 熱帯という気候帯の特徴は、高温多湿ということです。高温、つまり1年を通して気温が高いということ。多湿、つまり降水量が多いということ。暑くて雨が多いのが特徴です。 また、熱帯では最も気温の低い月でも平均気温が18度以上となっています。雨温図(1年間の平均気温と月ごとの降水量のグラフ)を見る時の参考にしてください。...
次の各問いに答えなさい。 1.農林水産業など、人間が自然に直接はたらきかける産業を何というか。 2.工業など、原材料を加工して製品をつくり出す産業を何というか。 3.商業、サービス業など、問1・問2以外の産業を何というか。 4.大都市周辺で野菜や花を生産し、都市部に出荷する農業を何というか。...

0.産業の分類 一般的に産業は第一次産業、第二次産業、第三次産業の3つに分類されます 第一次産業は、人間が自然に直接はたらきかけて行う生産活動で、農林水産業がこれにふくまれます。日本では約4%の人が第一次産業で働いています。 第二次産業は原材料を加工して製品をつくり出す産業です。工業や鉱業あります。...
0.産業の分類 ①第一次産業 ・農林水産業 ・人間が自然に直接はたらきかけて行う生産活動 ②第二次産業 ・工業、鉱業 ※原材料を加工して製品をつくり出す産業 ③第三次産業 ・商業、サービス業、金融業など ※第一次・第二次産業以外

・三大宗教:キリスト教、イスラム教、仏教 ※世界宗教(人種・民族をこえて世界に広がっている)
次の各問いに答えなさい。 1.世界の多くの国や地域で信仰されている3つの宗教をまとめて何というか。 2.問1の宗教のうち、東アジアや東南アジアなどに広まっている宗教は何か。 3.問1の宗教のうち、西アジアや中央アジア、東南アジア、北アフリカなどに広まっている宗教は何か。...

1.三大宗教 キリスト教、イスラム教、仏教は世界の多くの国や地域で広く信仰されている宗教です。この3つの宗教を三大宗教とか世界宗教と言います。信者の数も、キリスト教、イスラム教、仏教の順に多くなっています。 キリスト教はヨーロッパや南北アメリカ、オセアニアなどで信仰されています。おもな経典は「聖書」です。...
1.三大宗教 ①仏教 ⅰ.おもな地域 ・東南アジア、東アジア ⅱ.おもな経典 ・経 ②キリスト教 ⅰ.おもな地域 ・ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニア ⅱ.おもな経典 ・聖書 ⅲ.特徴 ・世界で信者が最も多い ③イスラム教 ⅰ.おもな地域 ・西アジア、中央アジア ・北アフリカ ・東南アジア ⅱ.おもな経典 ・コーラン ⅲ.特徴 ・1日5回のお祈り ・断食...

中学地理:高山気候の特徴(しっかり)
1.高山気候 ①特徴 ・低地よりも気温が低い ・昼と夜の気温差が大きい ・赤道付近では1年の気温変化が小さい ②高山気候の分布 ・熱帯・温帯の標高の高い地域 ※標高100mごとに気温は約0.6℃下がる ③高山都市の例 ⅰ.クスコ ・ペルー西部、アンデス山脈の都市 ※熱帯地域の高山気候 ⅱ.ラサ ・中国チベット自治区の都市 (チベット高原) ※温帯地域の高山気候...
中学地理:寒帯の特徴(しっかり)
1.寒帯 ①特徴 ・1年を通して気温が低い ・最も平均気温の高い月でも10度未満 ②寒帯の分布 ・南極や北極の周辺 ・ロシア、カナダの一部の地域 ③自然 ・1年の大半は雪と氷におおわれる ・短い夏に草とこけが生えるところも ④イヌイットの生活 ・カナダ、アラスカなどに住む人々 ※ツンドラ気候 ⅰ.食料 ・あざらしの肉 ・カリブー(野生のトナカイ)の肉...

さらに表示する