高校世界史

高校世界史 · 2019/06/21
・世界史Bの入門編。 ・イギリスで起こった2つの革命。ピューリタン革命によりイギリス絶対王政が倒され、名誉革命の後は責任内閣制が確立していきました。王朝はテューダー朝からステュアート朝(ピューリタン革命で断絶し、王政復古で復活)、ハノーヴァー朝へと変わっていきました。
高校世界史 · 2019/06/21
・世界史Bの入門編。 ・イギリスで起こった2つの革命。ピューリタン革命によりイギリス絶対王政が倒され、名誉革命の後は責任内閣制が確立していきました。王朝はテューダー朝からステュアート朝(ピューリタン革命で断絶し、王政復古で復活)、ハノーヴァー朝へと変わっていきました。
高校世界史 · 2019/06/20
・世界史Bの入門編。 ・ムガル帝国は、バーブルがその基礎を築き、3代目アクバルの時に最盛期を迎えました。文化面ではシャー=ジャハーンのタージ=マハルが有名です。しかし、アウラングゼーブの時代になると、征服戦争に勝利して領土は最大をなりましたが、ヒンドゥー教徒との関係が悪化し、その治世末期には帝国の衰退が始まりました。
高校世界史 · 2019/05/11
・世界史Bの入門編。 ・3つのイスラーム王朝、ティムール朝・サファヴィー朝・オスマン帝国についてです。ティムール朝の滅亡とほぼ同じ時期にサファヴィー朝が建国される一方、その西方ではオスマン帝国が600年以上にわたり存続しました。ここではオスマン帝国については発展期を扱います。
高校世界史 · 2019/04/16
・世界史Bの入門編。 ・清は支配地域を直轄領・藩部および属国に分け、国内では懐柔策と威圧策を使い分けるなど、たくみな支配を行いました。一方、朝鮮では異民族に支配された中国の伝統を唯一継承しているという自負から、「小中華」の思想が起こりました。
高校世界史 · 2019/04/14
・世界史Bの入門編。 ・初代ヌルハチから6代乾隆帝までの時代(1616~1795年)を確認します。特に、4代の康煕帝から6代の乾隆帝までの130年余りの治世は、清の最盛期を築きました。
高校世界史 · 2019/03/18
・世界史Bの入門編。 ・北虜南倭に苦しめられた明は万暦帝の時代に一時的に国力を盛り返しました。しかし、その後は豊臣秀吉の朝鮮侵攻への参戦や国内の政治混乱で国力は衰退し、1644年に李自成により北京を占領され、明は滅亡しました。
高校世界史 · 2019/03/13
・世界史Bの入門編。 ・南京を都に明を建国した洪武帝は、諸制度を整備し皇帝独裁の中央集権体制を確立しました。第3代皇帝の永楽帝は都を北京に移し、宦官を重用、外征では対外積極策に転じるなど、洪武帝の政策を転換しました。永楽帝の死後は再び対外消極策に転じ、また北虜南倭に悩まされました。
高校世界史 · 2019/03/08
・世界史Bの入門編。 ・中国を支配したフビライは国号を中国風に元と改めました。交通路が整備されたことにより東西交流も活発になり、ヨーロッパやイスラーム世界との交流もさかんに行われました。
高校世界史 · 2019/03/08
・世界史Bの入門編。 ・13世紀初めにモンゴルの全部族を統一したテムジンはチンギス=ハンとして即位し、モンゴル帝国を建国しました。広大な領域を支配したモンゴル帝国でしたが、その後、4ハン国と元に分裂しました。

さらに表示する