中学社会・公民

中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):人口問題、格差の拡大について ・環境問題以外にも、世界には人口問題、食料問題、南北問題・南南問題など多くの問題が山積しています。残念ながら解決への道はまだ遠い状況です。
中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):資源・エネルギー問題について ・日本の発電割合は火力発電がもっとも多くなっています。原発事故のあった東日本大震災以後はその割合がさらに高くなりました。再生可能エネルギーの開発が急がれていますが、発電割合は数パーセントと低いままです。

中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):地球環境問題について ・地球環境問題にはさまざまな種類がありますが、そのなかでも各国の協力が必要なのが地球温暖化です。温室効果ガスの排出削減に取り組む国際会議が開かれていますが、足並みがそろわないこともあり、大きな課題となっています。
中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):文化の多様性について ・世界のさまざまな文化をたがいに尊重することが大切です。その一方で、グローバル化の進展によって文化の画一化が進んでいるという側面もあります。

中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):地域紛争・核軍縮・国際援助について ・冷戦終結後の1990年代は地域紛争が多発し、さらに21世紀は「テロとの戦い」の時代に突入しました。核軍縮は20世紀半ばから取り組んでいますが、いまだに核廃絶は実現されていません。途上国への援助は、各国政府がODAとして、民間ではNGOが中心となって行っています。
中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):地域主義について ・地域主義の例としてはEU、ASEAN、APECなどがあります。ほかにもFTAやEPAといった協定があります。アルファベットの略称と日本語表記を正確に憶えましょう。FTAは貿易のみ、EPAは貿易以外もふくむ、とおさえておけばOKです。

中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):国際連合について ・国際連合は第二次世界大戦が終わった直後の1945年10月に発足しました。総会・安全保障理事会などの主要機関と、その他のおもな専門機関・補助機関をおさえておきましょう。
中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):国際社会と主権国家について ・国際社会において主権国家が守るべきルールを国際法といいます。主権国家は領域(領土・領海・領空)をもち、領海の外側は排他的経済水域となっています。日本の領土については東西南北の端と領土問題をおさえておきましょう。

中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):為替相場と経済のグローバル化について ・日本にとって円高は輸出に不利、輸入に有利。円安は輸出に有利、輸入に不利となります。円高と円安では計算が出てくるので注意が必要です。
中学社会・公民 · 2019/03/22
・中学公民(標準):公害の防止と環境保全について ・日本は高度経済成長の一方で公害が深刻化し、四大公害裁判が起こされました。政府は公害対策基本法の制定や環境庁の設置などの対応を取りました。現在は公害防止から環境保全へと切り替わり、循環型社会の実現をめざす取り組みが進められています。

さらに表示する