中学歴史 実力養成編テキスト

実力養成編テキストは、印刷して使える本格的な参考書+問題集です。

個人的な範囲で利用してください。

 

◆実力養成編テキストの構成と使い方

1.まとめ(板書)

板書形式で教科書の重要事項から標準的な内容をまとめています。授業ノートのような感じです。

重要な用語や人物【 】その次に重要なものは《 》で表しています。必要に応じて、「【 】だけ覚える」「《 》も覚える」など各自で取り組んでください。

・カッコの中をオレンジ色にしているので、赤シートをかぶせると見えにくくなります。穴うめの小テストとして使うこともできます。

重要年表もついています。

 

2.要点チェック

重要な内容を短文でまとめています。【 】・《 》の基準はまとめ(板書)と同じです。

【 】のある場合は◎、《 》だけの場合は○、【 】・《 》どちらもない場合は・で示しています。まずは◎から優先的に覚えましょう

・こちらも赤シートをかぶせて穴うめの小テストとして使うこともできます

 

3.重要事項の演習

・教科の学習では初めてとなる、本格的な問題演習です。定期試験や入試を想定しています。

・各単元とも2~3つの問題を用意しています。

文章記述問題もいくつかあります。

※ややレベルの高い問題もあります。「授業でやっていない」「自分にはここまでは必要ない」という問題は飛ばしてください。

 

・全く同じ問題で、解答らんが空白のものと、オレンジ色で書かれているものとがあります。前者は印刷して書き込み用、後者は赤シートでかくして繰り返し練習用です。

 

※注意

・写真は使用していません(1000円~数万円の使用料を支払う必要があるため)。

 

4.その他

音声での解説も作成することを計画しています。覚え方のコツ、間違えやすい漢字、演習問題の解説、○○と間違えないように、といった注意点を入れていきたいと思います。

実力養成編をテキストにして、塾で授業を受けているような感じで勉強をすることができます


以下の各時代の記事に、テキスト(PDFファイル)のリンクがあります

平安時代①

 

江戸時代③

 

 


 

中学社会にもどる