· 

中学理科:光の性質、凸レンズ(基礎)

1.光の性質

①光の直進

光源を出た光がまっすぐに進むこと

 

②光の反射

入射角反射角となる

 

↓図:光の反射


 

③光の屈折

・光が種類の違う物質に進むとき、その境界面で光が折れ曲がること

 例:空気中と水中、空気中とガラス

 

入射角屈折角の関係:常に空気側の角度が大きくなる

空気中を通る光の方が常に境界面に近い

 

↓図:光の屈折


 

全反射

・光が境界面ですべて反射されること

※入射角が大きくなると、屈折が起こらない

・入射角と反射角は等しい

 

↓図:全反射


 

2.凸レンズを通る光の進み方

↓図:凸レンズの軸に平行な光は、凸レンズを通過するとすべて焦点を通る

 

 

①青:凸レンズの軸に平行な光

・凸レンズを通過すると焦点を通る

 

②赤:凸レンズの中心を通る

・凸レンズを通過するとそのまま直進する

 

③緑:凸レンズの焦点を通る

・凸レンズを通過すると軸に平行に進む

 

↓図:凸レンズを通る光(番号①~③に対応) 


 

3.凸レンズによってできる像

実像

上下左右が逆の像

→スクリーンにうつる

・像の大きさは条件により異なる

 

↓図:実像(物体が焦点より遠いとき) 

 

虚像

・像の向きは同じ

・スクリーンにうつらない

・実物より常に大きな像となる

※ルーペで拡大して見えるのは虚像

 

↓図:虚像(物体が焦点より近いとき)


漢字の読み方

・光源:こうげん

・入射角:にゅうしゃかく

・反射角:はんしゃかく

屈折:くっせつ

全反射:ぜんはんしゃ

・凸レンズ:とつれんず

実像:じつぞう

虚像・きょぞう