しっかり中学地理


教科書の内容を中心に、解説板書形式で一通りまとめた、標準レベルの内容です。

一部、一般的な教科書よりもくわしい内容も盛り込んでいます。

 

 

「教科書だけでは物足りなかった」「へえ、面白い」と少しでも思ってもらえたら、こちらもうれしいですが、「教科書の内容だけでいいのに…」という方は、「ざっくり地理」「高校入試地理」が役に立ちますので、そちらをご利用下さい。



1章:世界のすがた


2章:気候と人々の生活

●2-1① 熱帯

 

●2-1② 乾燥帯

 

●2-1③ 温帯

 

●2-1④ 冷帯(亜寒帯)

 

●2-1⑤ 寒帯

 

●2-1⑥ 高山気候、その他

 

●2-2 世界の宗教


3章:世界の諸地域

●3-1① アジア州とその環境

 

●3-1② アジア州の文化と産業の変化

 

●3-1③ 中国とインド

 

●3-1④ 東南アジア

 

●3-1⑤ 多様な民族

 

●3-2① ヨーロッパ州とその環境

 

●3-2② ヨーロッパ文化の共通性

 

●3-2③ ヨーロッパの統合

 

●3-2④ ヨーロッパの課題とロシア連邦

  

●3-3① アフリカ州とその環境

 

●3-3② アフリカの産業

 

●3-3③ アフリカの課題と取り組み

  

●3-4① 北アメリカ州とその環境

 

●3-4② アメリカの農業

 

●3-4③ アメリカの工業

 

●3-4④ アメリカで生まれた文化と生活

 

●3-5① 南アメリカ州

 

●3-5② 南アメリカの環境と生活

 

●3-5③ 南アメリカの開発と環境保護

  

●3-6① オセアニア州

 

●3-6② オーストラリアの産業

 

●3-6③ オーストラリアとアジア 


4章:地域の調査 世界

●4-1 地域の調査・世界 


5章:日本のすがた

●5-1 日本の位置と領域

  

●5-2 各国の標準時と時差

 

●5-3 日本の地域区分

 

●5-4 都道府県①(北海道・東北・関東・中部地方)

 

●5-4 都道府県②(近畿・中国・四国・九州地方)


6章:世界から見た日本

●6-1 世界の地形

 

●6-2① 日本の山地・山脈

 

●6-3 日本の河川と平野

 

●6-4 世界から見た日本の気候

  

●6-5 自然災害と防災

 

●6-6 世界の人口

 

●6-7 日本の人口

 

●6-8 過疎・過密問題

  

●6-9 世界の資源・エネルギーと産業

 

●6-10 日本の資源・エネルギー、環境問題

 

●6-11 日本の農林水産業

 

●6-12 日本の工業

 

●6-13 日本の商業・サービス業

 

●6-14 世界の交通・通信網、国際貿易

 

●6-15 日本の交通・通信網 


7章:日本の諸地域

●7-1 九州地方

 

●7-2 中国・四国地方

 

●7-3 近畿地方

 

●7-4 中部地方

 

●7-5 関東地方

 

●7-6 東北地方

 

●7-7 北海道地方 


8章:身近な地域の調査

●8-1 身近な地域の調査